平成30年北海道胆振東部地震から学んだこと

平成30年9月6日(木)の3時8分に北海道胆振地方中東部で震度7を観測する地震が発生し、僕が住んでいる札幌市北区では震度5強の地震でした。

今回の地震により停電となり、これがあるといいよってものをまとめました。

乾電池…これは絶対必要!

スマホの充電器(乾電池で充電できるタイプ)…停電中は固定電話も使えないので唯一の連絡手段や情報収集などありとあらゆることに使えるスマホを使えるためには絶対必要!

ラジオ(乾電池タイプ)…テレビはもちろん使えず、スマホも一時的に圏外になるのでその間の情報収集には絶対必要!スマホの情報がデマのときもあるから確実な情報原にもなります。

懐中電灯…暗いだけで不安になります!

ガス…札幌市はプロパンのところもありますが、停電中は都市ガスは使えません。

ガスコンロ…IHも使えないので、あると便利!

ポリタンク…地震や停電により断水になります。マンションなどは電気で組み上げてる場合があるので、停電で断水になります。公園などで給水できましたが、その際にもポリタンクが必要になります。

ポリタンクシャワー…これは何かと便利!

推しのアイテム…元気をもらえる!

こんな感じでしょうか…もしこれが冬に起こっていたら、さらに灯油ストーブ(電池で着火するタイプ)なども必要になりますよね。

地震発生後(札幌)は、ガソリンスタンドも使える箇所が限られていたので、ガソリンの入手が困難でした。車でスマホの充電などもできるので、車がつかえると結構便利です。

食料品や日用品、もちろ電池などがあっという間に品切れ状態になってました。

また、その後も品薄状態が続いていますが、徐々に回復し始めている状況です。

このままいつもの日常が戻ることを期待して頑張ります。

コメント

  1. きのこ猫 より:

    推しのアイテムの発想はなかった!笑
    早速何を入れようかと考えたけど、防災バッグという普段見ないものにグッズを入れておくのももったいないから、べやバッジかキーホルダーを付けることにします♪